リオ五輪の開会式を飾るダンサーのオーディション動画

リオデジャネイロで2017年8月に開催される
オリンピックの開会式や閉会式を飾るダンサーたちの
オーディションが開催されました。

リオ五輪のオーディションが開催

リオデジャネイロときくと、
カーニバルを連想する方も多いのでは?

緊張しながらも踊ることを愉しみながら
オーディションに参加する人々の様子が、動画に綴られています。

今回のオーディションでは、
開会式や閉会式をはじめ4つの主要なセレモニーを飾る、
何千人ものダンサーを募集しているとのこと。

ちなみに、
ダンサーはボランティアで
セレモニーの開催を支援する役目を任されます。

相当な規模だけに、労力をかけながらも真剣に
オーディションが実施されている様子が伺えます。

オーディションなのに経験不問?

公式の場に立つ人材を選ぶオーディションというからには
技術にたけた経験者を求めているのかと思いきや、
こんなメッセージが。

”It doesn’t matter if you have never danced before in your life.”

たとえ、これまでの人生で踊った経験がなっかったとしても
それは大きな問題ではない。

“The most important thing is that you have fun and demonstrate your will to try new things.”

最も大切なことは、
あなた自身がそれを愉しみ、
新たな試みに挑戦する意欲を表現するということだ。

オリンピックに参加する人の意気込みのベクトルは、
アスリートも、ダンサーも、関係者の多くが
同じベクトルをむいている気がします。

オーディション参加者の感想

オーディションに参加した人々は、感想も様々。

オーディションに受かりたい!と率直な意見を述べる人もいれば、
思っていたほどうまくいかなかった・・・と漏らす人も。

一方で、
今リオの地で進行しているすべてのことを幸せに思う!と、
ポジティブな人もいて、十人十色。

2017年8月には、
選ばれたダンサーたちによる
華やかな舞台が展開されることでしょう。

リオ五輪の公式サイトは→こちら
(※但し、海外サイトゆえ日本語ではありません)

最期までお読みいただき、ありがとうございました。
他の投稿もごゆるりとお楽しみ下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ