東京五輪エンブレムロゴ最終候補ついに公開

東京五輪のエンブレムの
最終候補案が本日ついに公開されました!

最終選考に選ばれたのは4つの案

いずれも、オリンピックとパラリンピックの
2種類のデザインが用意されています。

A~Dまでの候補作品には、
日本古来から親しまれてきた
模様やモチーフが見事に織り込まれています。

そして、
オリンピックやパラリンピック
という場を通じて、
世界中の人と人が、国境を越えて
つながり、せめぎあう様子が
表現されています。

A案:組市松紋(くみいちまつもん)

東京五輪エンブレムB

歴史的に世界中で愛され、日本では江戸時代に「市松模様(いちまつもよう)」として広まったチェッカーデザインを、日本の伝統色である藍色で、粋な日本らしさを描いた。
形の異なる3種類の四角形を組み合わせ、国や文化・思想などの違いを示す。違いはあってもそれらを超えてつながり合うデザインに、「多様性と調和」のメッセージを込め、オリンピック・パラリンピックが多様性を認め合い、つながる世界を目指す場であることを表した。

出典:https://tokyo2020.jp/jp/games/emblem/evaluation/

ぱっと見たインパクトが
最も強かったエンブレムがこちらのA案。

基本的な図形を組み合わせた
抽象的な表現を用いながら、
色目がシンプルできりっとした
ひきしまった感じがある作品です。

一見地味に見えるのですが、
他のデザインと趣向が異なる分、
脳裏に残りやすく、むしろ
飽きがこなくていいかもしれません。

B案:つなぐ輪、広がる和(つなぐわ、ひろがるわ)

東京五輪エンブレムB案

選手の躍動と観客の喜びがつながってひとつの”輪”となり、世界に広がってゆく平和や調和の”和”を表現した。
肉体と精神のたくましさ、躍動感・スピード感を込めたデザインにより、「自己ベスト」を目指すアスリートの素晴らしい活躍が世界に与える感動を表す。 さらには、2020年に日本がお迎えする世界の人々への敬意とおもてなしの心を伝える。

出典:https://tokyo2020.jp/jp/games/emblem/evaluation/

色鮮やかで、シャープな印象のB案。
日本というよりは、調和が表現されています。

ロゴの中に、ヒトが走っている様が見えました。

C案:超える人(こえるひと)

東京五輪エンブレムC

俵屋宗達(たわらやそうたつ)の風神雷神図(ふうじんらいじんず)や浅草雷門(風神雷神門)など、古くから日本人に愛されてきた風神・雷神をモチーフに、ゴールテープを切る一瞬の躍動感や、「自己ベスト」を目指し、超えようとする選手たちの姿勢を描いたデザイン。雷神の太鼓を花火に、風神の風袋を虹にたとえ、平和、多様性、調和への思いを込めた。
アスリートの強靭な心身による平和への継続的な貢献をエンブレムに託し、未来へつなげる。

出典:https://tokyo2020.jp/jp/games/emblem/evaluation/

ちなみに、
風神雷神図とは↓こちらの絵のこと。

風神雷神図
出典:http://www.idemitsu.co.jp/museum/collection/introduction/painting/rimpa/rimpa04.html

学校の美術の教科書などで見かけた
古くから日本でなじみ深いモチーフを用いながらも、
雷神の太鼓が「花火」に、
風神の風袋が「虹」に置き換えられて描かれている
その斬新な発想が、面白い作品です。

D案:晴れやかな顔、花咲く(はれやかなかお、はなさく)

東京五輪エンブレムD

「自己ベスト」を尽くすアスリートと、彼らをたたえる人々の晴れやかな表情。その感情の動きを、空に向いて開花する朝顔(英語名:morning glory)に重ねた。朝顔の種が芽を出し、蔓を伸ばして花を開き、再び実を結ぶ成長の過程が、大会への期待感や次世代への継承を示している。
江戸時代に流行し、子どもから大人まで広く親しまれてきたこの花が、2020年への気持ちを高め、世界から訪れる観客を日本中でお迎えする。

出典:https://tokyo2020.jp/jp/games/emblem/evaluation/

色合いが華やかで、アサガオとして
だけではなく、花火のようにも見えるこの作品。

個人的に少し気になったのは、
アサガオの花言葉でした。

「愛情」「平静」「愛情の絆」「結束」

ここまではよいのですが・・・

「短い愛」「明日もさわやかに」「はかない恋」

といった意味合いもあるアサガオ。

花言葉を気にする人は、あえて選ばないかな?と
思ってみたり。

みなさんはA~Dの中で、
どのエンブレムが
気になったでしょうか?

候補作品の採用倍率や意見募集の期間は?

エンブレムの応募が締め切られたのが、
2015年の12月

その後3カ月ほどの月日をかけて、
ようやく4作品の候補に
絞られてきたことになります。

エンブレムの選定倍率は?

そして、
東京五輪のエンブレムをめぐっての
応募総数は、実に14,599点にのぼり、
今回の4作品も、
相当熾烈な競争を勝ち抜いて選ばれたもの。

その中から選ばれた4案は、今後
さらに最終決定によって「1案」に絞り込まれます。

つまるところ、
東京オリンピックのロゴは
競争倍率「約1万5千」の中から
選び抜かれることになるのです。

エンブレムの最終決定方法は?

さて、
正式なロゴを慎重に選定するために、
エンブレム委員会では、
一定の期間を設けて、意見を集めた上で、
その意見を参考にしながら、
最終選考を行うというステップを
用意しています。

最終ロゴの決定方法については、
こちらの記事でもご紹介しているので
ご興味のある方はどうぞご覧下さい。

エンブレムの意見提出の方法は?

エンブレム候補に対する
イメージや意見の提出方法は、主に2通りあります。

①一番楽ちんなのは、
「インターネット」から行う方法。

②しかし、年配の方々を考慮してのことか、
インターネットの他に、「はがき」でも
受け付けているとのことです。

エンブレムの意見提出の募集期間は?

募集期間:2016年4月8日~4月17日23時59分

はがきの場合:4月17日必着。

その場で通信できるネットと違って、
はがきの場合は、物理的に動いて
タイムラグも発生させてしまうので、
メールとは違った配慮が、必要になってくる
点にご注意下さい。


One Response to “東京五輪エンブレムロゴ最終候補ついに公開”

  1. […] 4つの候補作品が本日公開されました。 候補案の詳細は→こちらの記事より確認できます。 また、期間限定で、意見がつのられ、 […]

サブコンテンツ

このページの先頭へ